TOURATECH

TOURATECH

すべてはアドベンチャーライダーのために

創業者のハーバート・シュバルツ氏はもともと電気技師であり、自作のメーターやパニアケースをアフリカ旅で使ったことがこのメーカーの起源。
シリア、ヨルダン、トルコ、アルジェリアなど世界のさまざまな土地を自らバイクで巡り、オリジナル製品を熟成させ、小規模ながらアフターパーツメーカーとして事業を展開してきた。
CEO自らが生粋の旅好きであるがゆえに製品の信頼度は徐々に上がり、やがてBMWラリーチームがロードブックホルダー"RB-TT"とともにパリダカールラリーに参戦したことがきっかけで、ツラーテック社は躍進。BMWやKTMにパーツをOEM供給するまでに成長。
ヨーロッパのクロスボーダーたちに絶大な信頼を得ているブランド。