HOME > GERBING 電熱ウェアー
DC12V電熱製品 7Vリチウムイオン電熱製品

真冬の寒さに打ち克つガービング電熱ジャケット

GERBING coreheat12 は、バイク・車に積載している12Vバッテリーを電源に利用したヒーティングウエア。

その歴史は古く1976年からいち早く実用化し、現在においてはミリより小さいミクロン単位の細い電熱線を使用することで、ワイヤー感が抑えられ着心地がよくまた消費電力も抑えられています。高性能かつ高品質が認められ、ハーレーダビッドソン社へ電熱ウェアをOEM供給の実績があります。
2015年シーズンより、GERBINGマイクロワイヤー(TM)テクノロジーを使用した電熱製品をGYDE(ガイド)と呼称を統一いたしました。

GERBING ヒストリー

ガービングは、ゴードン・ガービング氏(Gordon Gerbing)により、1976年に創設されました。
彼は、ガービング社を設立する以前に、ボーイング社向けに飛行機用部品を生産する小さな工場を経営しておりました。冬の寒い朝にバイクに乗って、凍えながら通勤してくる従業員を見た彼は、「寒さの中でも暖かく快適にバイクに乗れる方法はないのか」と考え、今日の電熱ウェアを設計したと言われています。

その後、彼を含めガービング社のスタッフは、日々試行錯誤を繰り返しながら、氷点下の厳しい環境下でも、軽さ、耐久性、機能性に優れ、そしてなによりも保温性の高い電熱ウェアの開発に成功しました。
1999年には、その高性能かつ高品質が認められ、米ハーレーダビッドソン社へ電熱ウェアをOEM供給するようになっています。

Factory

本社のあるワシントン州タムウォーターに30,000平方フィートの研究開発施設を設立、現在においては、デルタフォースをはじめとするアメリカ特殊部隊や、冬季に屋外作業を行う人々など、バイク乗りのためだけではなく、様々な分野において信頼と実績を得て、冬場の人々の活動を支え続けています。

商品一覧

該当商品はありません

ページトップへ