HOME > ILMBERGER
ILMBERGER Carbon Parts
イルムバーガーアプリリア イルムバーガーBMW イルムバーガーBUELL
イルムバーガーDUCATI イルムバーガーハーレーダビッドソン イルムバーガーHONDA
イルムバーガーkawasaki イルムバーガーMVアグスタ イルムバーガーSUZUKI
イルムバーガートライアンフ イルムバーガーハスクバーナ 空白

ILMBERGER(イルムバーガー)Carbon Parts について

1990年、ILMBERGER(イルムバーガー)カーボンパーツ社は、最高品質のカーボンパーツを提供することを目標に、レーシングライダーでもあるジュリアス・イルムバーガーによって設立されました。
設立間もない頃は レース用のカーボンパーツを主に製造していましたが、低価格で高品質な同社のカーボンパーツはすぐにレース競技以外のライダーからの人気を獲得し、その需要に応えるように、レーシングユースだけではないオートバイ全般の カーボンパーツの製造を開始していったのです。
現在では、創業者の高い信念と20年以上積み重ねたノウハウから作り出されたIlmberger(イルムバーガー)カーボンパーツは、現在のカーボンパーツ市場の中で最高の技術と信 頼性を持っていると賞賛されています。

イルムバーガーについて

100% Carbon

ILMBERGER(イルムバーガー)社の全てのカーボンパーツ製品は、MotoGPやF1などのレーシングマシン、航空宇宙産業で使用されている物と同様の工程で製作されたドライカーボンです。
現時点において入手可能な最高の 原材料(カーボンプリプレグ)を製品の型に張り込み、耐熱樹脂製のバックに入れて空気を抜きプリプレグを型に密着させます。それを最新のオートクレーブに入れ高温で加圧して製造されます。各工程において経験やノウハウがモ ノを言い、ILMBERGERは20年以上トライ&エラーをくり返し、今日までドライカーボンにこだわった一切妥協をしない製品製作を行っています。
時間や手間、コストのかからないウエットラミネート(ウエットカーボン)とは性能はもとより比べものにならない事は言うまでもありません。

BMW K1300RDUCATIモンスター

公的機関が認めた表面コーティング

複雑な工程を経て製造された直後のドライカーボン製品は、表面の光沢がありません。このままの状態では紫外線に弱く経年変化で黄色く変色してしまいます。 短期間での使用を前提としたレースなどでは問題はありません が、日常で使用することが前提となる商品については、表面コーティング保護をすることが不可欠です。
イルムバーガー社では、紫外線に弱いというウィークポイントをカバーするため、独自のプラスチック粉体塗装を施して、 紫外線に強く、塗装による重量増を抑え、いつまでも織柄が美しく、ドライカーボンのもつメリットである軽量、高剛性を高い次元で両立しています。
この独自のコーティング技術は、過酷な試験条件の下で厳しくテストされた TÜV(ドイツ技術検査協会)の認証を得ており、その効果が実証されています。

ほぼすべての商品について政府機関認証を受けています

ABE認定された高い安全性

ILMBERGER(イルムバーガー)のすべてのカーボンパーツは、厳しい基準に基づいて開発され、生産されています。それは使用されるシチュエーション、ジャンル、自動車用、バイク用などのカテゴリ問わず、すべてのカーボ ンパーツにおいて製造過程において多数のテストを行い、耐久性の検査をしています。さらに製造の最後には極端な状況での耐久性をテストする、厳しい耐久試験を行います。
また製品の安全性に関しては、ドイツ連邦自動車 局(KBA)が発行する安全性の承認のABEを受けています。その検査は、TUVよりもさらに厳しい基準であり、そのような厳格なテストをクリアした最高のカーボンパーツだけが販売を許されるのです。

ウエットカーボンにせまる低価格を実現

ドライカーボンは、高価な原材料を使用し、様々な設備を必要とするためドライカーボンは非常に高価なモノとなってしまいます。
しかし、ILMBERGER(イルムバーガー)では、この高価になりがちなドライカーボン製品 を皆様に安価に提供したいと考え、20年以上の量産ノウハウを積み、独自ルートによる原材料の調達、日々たゆまない努力によってウエットカーボンの製品に近い価格を実現いたしました。

バイクだけではなく自動車向けカーボンパーツも製作

イルムバーガー社では、以下の自動車メーカーのカーボンパーツも製作しております。*詳細はお問い合わせください

イルムバーガーBMW イルムバーガーフェラーリ イルムバーガーポルシェ イルムバーガーメルセデス

商品一覧

該当商品はありません

ページトップへ